J
ドラム、ベース、ギター2本の4人からなるインスト・ポストロックバンド。国内、国外を問わずその活動の幅を広げ続けている。

OFFICIAL SITE Musicmall DATA Musicmall DATA takediary(武田 信幸)
LITE井澤日記(井澤 惇)
RELEASE INFORMATION walk along-Infinite mix-

LITE

¥1,300(TAX IN)
TOWER-1003
2005.7.6発売

この作品を購入する
カテゴリ:yamamoto( 48 )
owata
ツワーファイナル終了。

EUツアーが残ってるといってももう俺の中で終了。一区切り。
とはいえ今日からもうすでに練習の鬼に返り咲いております。
ぼーっとなんかしてる場合じゃねえ。

今後LITEはより活動的にバンドを続けていく。
まだまだ良いライブはできるはずだし、良い曲もかけるだろう。
もっと感動したいし、何よりももっとたくさんの人を感動させたい。
大きなうねりになって巻き込みたい。
このまま満足はできない。
歴史に残るようなバンドになろう、そんなことを昨日のライブ後、ずっと考えてた。

15、19日はLITE史に残るライブになったんじゃないか。
本当に、来てくれたみなさんありがとうございました。

まだまだ頑張り続けます。これからもよろしく。
[PR]
by lite04 | 2008-09-21 04:51 | yamamoto
RUSHBALL2008
アツかったぜ、オーサカ。

楽しかった。力がうまく抜けて自然体なライブ。

シモリョーには今日は優しかったねーて言われたし。

ていうかしつこくまた言っちゃうけど、先日の3日間のツアーがまじで全開だったんだよね。これが対バンてもんじゃああああ!おれらはただの仲良しバンドじゃねえんだよ!戦じゃああぁぁてなテンションのライブばかりだったから、あれはあれですごい瞬間だったし(そうさせた彼らにリスペクトせずにはいられない)、この灼熱の野外の下のピースなライブも忘れることのできない経験だ。

また来年も出たいっすね。


あ、この日のchefが神がかってました。
僕らの住む町で泣けた。ほんと良いバンドやね。
クラップユアハンズな輪がもっともっと増えますように。
[PR]
by lite04 | 2008-09-03 01:17 | yamamoto
すごいことに気がついた
ヘッドホンしてSquarepusherを聞きながら工事現場に近づくと


ん?


e0104082_4172010.jpg



これは!


ドリルンベースに工事の音が混ざって絡み合い、すごい錯覚感!
一瞬脳の回路が混線するし。

カオス!トリッピー!


あ、それだけっす。
[PR]
by lite04 | 2008-08-29 04:53 | yamamoto
お前ら大好きです
e0104082_6455548.jpg


最終日。
ツワーが楽しすぎて写真撮る暇もなかったね。楽しむので精一杯。
よく笑ったー。ほんとみんなおもしろいね。
音楽だけじゃなくて人間性も素晴らしいバンドだって。シェフ、イノウのみんな、ありがとう。
駆け付けて来てくれた、たくさんの人にもありがとう。
あと、地元のバンドがすごくかっこよかったです。刺激になりました。

次はRUSHBALL!
[PR]
by lite04 | 2008-08-27 06:48 | yamamoto
080623 札幌オフ
飛行機搭乗時刻が夕方だったのでくそあちい公園でだらだらアイスコーヒー飲んだりアイス食ったり。
武田は昼間からビール飲んでおった。休み。たまにはこういうのも良いね。



e0104082_22213792.jpg




e0104082_22211899.jpg




あ、9/15十三FANDANGO、そして9/19代官山UNITの両ワンマンのチケットが良い感じで売れてくれてます。ありがとう。まだの人はお早めに!
[PR]
by lite04 | 2008-08-09 22:28 | yamamoto
Tour with Adebisi Shank
e0104082_23521681.jpg


振り返り。たのすかったほんと。楽しすぎで刺激的すぎて一日いちにちの濃度がはんぱなかったです。

Adebisi Shankのライブどうだった?やばいっしょ。おれはどうやっても毎回彼らの演奏で笑うのを我慢できなかったよ、あまりに超絶すぎて、想像の遥か向こう側にイっちゃってて、ついにやけてしまう。結局5日間とも笑い、そして興奮の渦に巻き込まれたわ。

さらに他のバンドも皆良いライブしかしないしね、皆の後にやるっていうのはいつになく大変な事に。

まあおかげさまで良いかんじの緊張感を保ちつつ、各会場楽しくライブできましたい!

最近実感するけど、バンドを続けるごとにたくさんの顔に出会うことができて嬉しいです。
感謝しとるぜー!

e0104082_23532957.jpg


photo by saori tani
[PR]
by lite04 | 2008-07-30 00:22 | yamamoto
夜は長い

15日、レコ発初日来てくれた皆様ありがとう。
あんな状態だったけどね、精一杯やりましたよ、思ったよりカラダも動いてくれてよかったです。ていうかあんなにたくさんのアツいみんなの顔を見たら、こっちも奮い立たないわけがないよね、やってるこっちが助けられました。ほんと感謝しています。徐々に力も使い方を思い出してくれて結局後半には全開になれたし、よかたよかた。(もちろん翌日痛かったエンダ先生に怒られたが、、)

練習も休みになっておとなしくしているおかげで経過もだいぶいいかんじです。自分の基本スペックとして練習してないと落ち着かない、というのがあるのでとっとと治して、はよーまたスタジオに篭る生活に戻りたいどえす。




翌日は朝からboboさんがドラムを探すということで僕もモリダイラ楽器へついていきました。
お誘いありがとうございますっ
e0104082_1403965.jpg

boboさんの出す音は、いずもがなオンリーワンです。本気でリスペクツですよ。

5台ほど叩き比べしました。お気に入りがみつかってよかったです。楽しかったー
[PR]
by lite04 | 2008-06-20 01:59 | yamamoto
やるぞー
こんばんは、3ch「ながぐっちゃん!!」に激はまり中なヤマモトです。

明後日からPhantasiaツアーが始まりますね、まずは報告ですがめでたく初日SOLD OUTしました。ほんと感謝します。
このツアー、今までになく意気込んでいるよ。対バンめっちゃ良いし、テンション上がらずにはいられない!です。

まあ、そんななか練習しすぎ?て右手首を痛めました。
現在包帯ぐるぐる巻きです。

ライブはYOSHIKIばりにがんばってみようかと思います。
いつだったか彼は言いました。「やって出来ない事はない」と。

というわけだかなんだかですけど楽しいハイテンションなツアーになりそうです。
たくさんの人と出会えますように。届きますように。やるぜー!
[PR]
by lite04 | 2008-06-13 20:03 | yamamoto
recollection
【奇跡】 
常識で考えては起こりえない、不思議な出来事・現象。


そう、どうしてこんな事が起こりうるのか。理解することはできなかった。
いきなり語弊がありそうな言い方だが、彼らより上手いバンドはたくさん知っている。いや、確かにそれぞれ個人の技術は卓越しているのだが、100%に完璧というよりも不完全な部分があって、そのせいかなにより入り込む隙があるように思える。それなのに演奏が始まるとバンドが不思議な共鳴を始め、それは物凄いグルーヴ。いや、そんなものでは言い表せないか。とにかく、あれは、なんだ。見る度に胸が躍り、なんともいえない高揚感に包まれる。本当に毎回のライブがすごかった。彼らと接しながら、なんというか、これが「バンド」というものなんだと思った。バンドでしか生み出せないうねり。その広大なうねりの渦中で考える。でも答えなんて出せない。答え、とかそういうレベルではないんだ。超えている。そんなときに僕は思う。このバンドは奇跡だ、と。





First Day Actionというバンドはそういうバンドだったのだ。

もうCDでしか音に触れることはできないけれど、どのCDも名盤と呼ぶにふさわしい素晴らしいものです。いつまで経っても色褪せない、初めて聞いたあの日のままだなんて。

僕らはこれからも永く愛聴し続けるだろう。
本当にものすごいバンドだった。
最後に一緒にツアー回れて良かった。ありがとう。
[PR]
by lite04 | 2008-04-17 03:08 | yamamoto
こんばんは
2月。色んな事がめまぐるしく通り過ぎていき、常時呆け気味な私には全くついていけていません。とりあえずロス疑惑ってなんだ…?な山本です。

ツアー終わっちゃいました。

あー。

虚無感。

昨夜は寝る前にマイクの楽しげな声が脳裏に浮かび、眠れませんでした。

マイクは辛い物とすっぱい物が好きです。

茎わかめをあげたらむしゃむしゃと次々に平らげていました。

アメリカには海草っていう概念が無いらしく、海草の物は全て英語でsea weed(海の雑草)っていうそうです。

おにぎりののりについては、「おい、こんな薄っぺらい紙みたいなヤツなのに海の味がするぜ!trippy!(まじやばい)(マイクはこのフレーズが大好き)」とかなりご満悦なご様子。

マイクを見ているとこっちまで幸せになってしまいます。

楽しかったなー

mike.kramer.samm.あらきさん、荻さん、山崎さん。
このツアーに出演してくれたバンドの皆様。無茶なリクエストに応じてくれた各地スタッフの方々。僕らを泊めてくれたあなた。そしてオーディエンスの皆様。

本当にありがとうございました。

このツアーは一生忘れません。

感謝。
[PR]
by lite04 | 2008-02-28 01:49 | yamamoto


ブログトップ