J
ドラム、ベース、ギター2本の4人からなるインスト・ポストロックバンド。国内、国外を問わずその活動の幅を広げ続けている。

OFFICIAL SITE Musicmall DATA Musicmall DATA takediary(武田 信幸)
LITE井澤日記(井澤 惇)
RELEASE INFORMATION walk along-Infinite mix-

LITE

¥1,300(TAX IN)
TOWER-1003
2005.7.6発売

この作品を購入する
カテゴリ:takeda( 32 )
11/2 ”A Tiny Twofer”レコ発
「A Tiny Twofer」リリースパーティ。
出演してくれた、avengers in sci-fi、koisikawa、そして来てくれたお客さんたち。
どうもありがとうございました。


The chef cooks meのシモリョーとのPrimary、最高だったでしょう?
このマッチ具合といったらなかったね。
楽屋でシモリョーがPCから音楽流してて、これかっこいいなぁ、誰だろう、と思ってたら、僕らとシモリョーで一緒にスタジオ入って、練習用に録音したPrimaryでした。かたじけない。
そんだけ、曲が別物になってたし、良くなってたってことだよね。同時にヴォーカリストでもある彼。凄いです。
そして本番では、TomorrowのPVを撮ってくれた小島さんがVJでさらに雰囲気を作ってくれました。

もう一つは、avengers in sci-fiの”先生”こと、ハッセとのツインドラムのcontemporary disease。
曲の後半のうちの山ちゃんとのドラムソロは、マジでヤバかった。
曲中、楽しすぎて笑いがでるっていうのは、久しぶりの経験だった。
もう、うちのコウゾー君が、アガりにアガっちゃって、ギターの入り完全に忘れてたからね。
そんくらい、ロックだったなぁ。

レコ発限定Tシャツ限定7枚(MCで5枚って言ってしまった)を買ってくれた方たち。ありがとうございます。
そのTシャツは、マネージャーの山崎さんとスタッフの川崎さんが、ライブ前日に夜なべをして、”Tシャツ君”と言われる機械で、手作業でプリントしてくれたものです。
この”Tシャツ君”、どうやら相当扱いが難しいらしく、あの温厚な山崎さんが、半ばキレながら作ったという代物です。
きっと山崎さんの怨念が、もとい、情熱が染み込んでいることでしょう。
ぜひ、山崎さんのためにも、着てあげてください。
あと、UKツアーのライブ音源もぜひ聴いてくださいね。


今回、また何か面白いことができないかなぁ、と全員で試行錯誤した結果です。
シモリョーや、ハッセ、小島さんに無理なお願いを快く聞いてもらい、UNITスタッフの方にもステージ全般で多大な協力をしていただき、
MARZのスタッフのみなさんに裏方全般を手伝っていただいて、実現した日でした。

時間の関係で、アンコールに答えられなかったことは、残念だったけど、
いつかきっとやるファイナルで、30倍くらいにして返したいと思ってます。

ありがとうございました。


avengers in sci-fi
http://www.myspace.com/avengersinscifi

the chef cooks me
http://www.myspace.com/thechefcooksme

koisikawa
http://www.koisikawa.com/
[PR]
by lite04 | 2007-11-03 22:09 | takeda
11/2 UK・IREライブ音源プレゼント
11月2日UNITに来てくれた人全員に、今年の9月のUK・IREツアーのライブ音源をプレゼントします。

海外ツアーの限定ライブ音源は、これからシリーズ化していくという、いたずらにコレクター心をくすぐる仕様となっております。
ちなみに前回の1000枚限定はおかげ様でね、なくなってますので、そこんとこよろしくお願いします。なんつって。

当日のライブの方も、前回のワンマンとは違った、ちょっと面白いことが出来そうです。
お楽しみに。


チケットここでも予約できます。
lite_ticket@hotmail.co.jp
[PR]
by lite04 | 2007-10-19 22:36 | takeda
4th day in Ireland
今、IrelandはDublinに着きました。

毎日更新するって言った俺。ばかやろ。

ネットをやる環境があんまりないのです。

今日は4回目のGIG。

二回目の山場。

もういっぱいありすぎて何書いていいかわからないので、終わります。

画像だけとりあえず。

また次の機会に書きます。
[PR]
by lite04 | 2007-09-09 01:58 | takeda
sold out
Shelterワンマン。本日をもちましてsold outいたしました。ありがとうございます。

長年Shelterの外の黒板に書いてある「sold out」に憧れてました。
今はなぞり書きという意味不明の行為をしたいくらいの気持ちです。もういっそ俺が先に行って書いてしまいたいです。当日間違いなく写真を取りますね。

僕らも今日のスタジオで最終調整終わりました。お客さんも心の最終調整お願いしますッ。
よくわかりませんが、とにかく楽しみに待っててくれるとうれしいです。

で、フジロックのときに新作Tシャツ(画像)を先行で販売したんですが、8/31のワンマンから正式に発売します。
めっちゃこのTシャツ気に入ってます。
そういえばTシャツが初めて届いた次の日のスタジオは4人中3人が同じTシャツで、ちょっとみんな顔がポッってなりました。
そんな新作Tシャツ、ちなみに価格は2500円です。夏は終わらないゼッ。

寝まーす。

e0104082_23232081.jpg
e0104082_23235277.jpg



なんか画像ずれた。
[PR]
by lite04 | 2007-08-29 23:28 | takeda
8月の近況
早くもフジロックから2週間経ちました。いまさらですが、夜中3時にも関わらず来てくれた人たち、本当にありがとうございました。
毎日テントサイトで斜めに寝てたので体はボロボロでしたが、ソウルフルな演奏が出来たと思っています。
そして平らなところに寝るということがどんなに素晴らしいかをフジロックは教えてくれました。

e0104082_1125191.jpg
で、いまさら告知ですが、来月4日からUK・Irelandツアー行ってきます。
去年の9月に行ったので丁度一年ぶりで、前回は2週間だったんですが今回は3週間行きます。
むこうでのLIVEを録音した「Live In Limerick」を買ってくれた人(いやらしい宣伝)はご存知でしょうけど、外人の盛り上がりはハンパないです、もうバンドなら誰でもいーんじゃねーか、っていうくらいです。でも、あの快感は忘れないですね。ただ高速のパーキングエリアでパサパサのサンドイッチの味も忘れません。
そんなツアーの様子をこのブログで写真とかのっけて更新していきたいと思ってるので見てください。


で、その前に8/31。ワンマンあります。下北沢Shelterです。
新曲2曲くらいやります。来てください。


で、10/3、僕らにとっては、ついに、FunanoriとのスプリットCDが出ます。こないだマスタリングが終わりました。
3月に録音して、いろいろ山を越え、谷を越え、長い道のりでした。
これはまた追って告知します。

写真は、マスタリング室という名の宇宙船。そして船長の北村さんです。
[PR]
by lite04 | 2007-08-17 11:04 | takeda
LITE新Tシャツを7/29より発売します
出発。いざフジロック。

おらー、夏だー、日焼けだー、酒だー、といきおい込むも、苗場は早くも雨らしい。

そんなもん関係ないでしょ、フジはびしょびしょでナンボでしょ、と豪語しつつ密かにレインコートと長靴を買う俺。25歳、はやくも守りに入っている。
そしてそこの「Tシャツ濡れて替えがなくなったらどうしよう」と現役時代のジャイアンツ篠塚くらい固い守りに入っているあなた!
29日夜中3:30にルーキーステージに来なさい。

そこに、心が芯から温まるライブと、LITE新Tシャツがあるから。
[PR]
by lite04 | 2007-07-27 01:11 | takeda
Spectrum Vol,3 終了
e0104082_23435647.jpg15時半Heavens到着。

到着後、早速リハ。
リハからPA荻さん全開。爆音。気合が入る。
リハ後、ふと見れば、立ち位置の目印のため床に張るガムテープを店員さんに借りた構造の手がガクガクブルブルと震えている。
その構造の視線の先には、スピーカーに張られた一枚の張り紙。
「ガムテープを無駄にたくさん使うやつ、パンチします」
ご、ごもっともです!と一同。

20分押しで本編スタート。
相変わらずのものすごいテンションの高さのSHIFT。
諸事情でGtはFLUIDの方。当日初めてあわせたとは思えないほど息があっていた。
すごいライブを見せてくれた。自分のテンションも相当あがる。

こちらも諸事情でベースレス3人編成のZ。
自分は3人編成は初見だったのだが、ウオズさんのGtは素晴らしいバランスで低域から高域まで全て網羅していた。
新曲たちもドープかつメロディアスでものすごいかっこよかった。

本番前、LITEメンバー全員楽屋に待機。
すると今度はジョンがガクガクブルブルと震えている。
その視線の先にまたも壁の目線の高さに貼られた一枚の張り紙。
「バンドマンに告ぐ。胃液でるまで練習しろ!」
思わず、ハイッ!と声高に答える一同。

そんなこんなで、LITE。
新旧の曲合わせて、50分ステージ。
2バンドに触発され、ライブハウスの雰囲気にも触発され僕らも気合の入ったライブが出来たと思う。多少荒かったけど。

そしてライブ後、近くの居酒屋「グルグル」で打ち上げ。
いろんな人と夜遅くまで近況、恋愛、音楽話でひとしきり盛り上がったのでした。

今回久々にイベントをやって、とにかくいろんなところでたくさんの人との触れ合いが生まれたのが一番よかったと思う。
SHIFT、Zのみなさん。Heavensのスタッフのみなさん。そして来てくれたお客さん。
おかげさまで最高に楽しかったです。ありがとうございました。

P.S
帰りの車で構造曰く。
Heavensのトイレで、ものすごい張り紙を発見してしまったとの事。
今度行ったら是非、発見してみて下さい。
ちなみにHeavensスタッフのみなさんはホント優しくていい人たちです。誤解のなきよう。
あ、それと本日8/31ワンマンチケット公式発売ですー。よろしくお願いします。
[PR]
by lite04 | 2007-07-07 23:47 | takeda
7/6 LITE presents "Spectrum vol,3"
e0104082_23432497.jpg1ヵ月後の7/6金曜日。
三軒茶屋Heavens Doorにて、Z、SHIFTを招き、LITE企画やります。

ところでHeavensといえば、俺は勝手に都内でも異彩を放つライブハウスだと思ってしまうのである。

一歩店内に足を踏み入れれば壁にはD.I.Yを掲げるハードコア精神を垣間見、毒々しい彩光を放つサイケな照明が目に飛び込んでくるや否や、眩しさにふと目を頭上にそらせば、ドンッ、とばかりに視界に飛び込んでくる、天井に吊るされた意味不明の人型のオブジェ。
例えるなら、あああ、これはまるで感性の銀河系や~(彦摩呂風)。である。
そしてそんな中、追い討ちをかけるように耳をつんざく爆音。爆音。そして、爆音。
こんな感じだからだ。

しかしながら、この爆音。ハッとするほどの良質。知り尽くしたハコ鳴り。瞬間、音が照明と溶け合いサイケデリックを生む。
挙句、「音が感性のDoorをぶち破ってHeaven」する。
それが、Heavens Doorなのだッ。
だから、そこのパソコンの前の受験生よ。
問題用紙に「Heavens」の和訳、と出てきたら、迷わず答案用紙に「爆音」と書けばよろしい。
あるいは「ハードコア」と書いても90点はもらえるはずだ。
もし、「サイケデリック」と書いて、しまったぁ、と頭を抱えたやつがいるならば、Heavens店長ホリさんの下へ行け。
マルをくれるさ。血ノリの赤でなッ。

そんな異彩のライブハウスHeavens doorにしっくりきすぎる、言わずと知れた2バンドをお呼びした。


-SHIFT

山形より斬新が炸裂。
その破天荒なステージングにいつも刺激を受ける。
船山さんには様々な企画でお世話になってます。


-Z

完成された楽曲。佇まい。
「日本語ロックの夜明け」。納得。
イギリスではレーベルメイトさせてもらってます。新曲群楽しみ。
 

この対バン、なんといっても僕ら自身にとって、大いなる刺激なのです。
これは、絶対楽しいヨ。
とどのつまり何が言いたいかというと、「来てね」ってことなのであります。
そして、Heavensにこの人ありと言われたかつてのP.Aの一人が、現在は新宿MARZ、P.A兼LITEのP.A「荻さん」であることはあまり広く知られていない事実なのだが、俺としてはその爆音伝説復活も密かに見逃せない。


最後に大切な告知。

この7/6、開場にて、8/31のLITE Shelterワンマンのチケットを先行発売します!
(公式発売は7/7)
買ってちょ。

ではHevensで会いましょう~。

そしてジョージ、おめでとう。
[PR]
by lite04 | 2007-06-07 23:28 | takeda
ニュースです。
あえてコーゾー、どーぞー。
[PR]
by lite04 | 2007-05-27 07:30 | takeda
いよいよ
e0104082_0104059.jpgみなさま。

いよいよ明日からお世話になります。

とにかく精一杯やらせてもらいます。
全公演燃え尽きます。
そして最終的にスタジオコーストで灰になるつもりです。

よろしくお願いします。


そして、明日の名古屋DIAMOND HALLより、ライブ盤CD「Live in Limerick
」をライブ開場限定で800円の1000枚限定でリリースします。(詳しくはworkで)
「オフィシャルブートレグ(公式海賊盤)」という「危険が危ない」的建前のCDなので、音質や雑音などの問題もありますが、その場の雰囲気は確実にそのままパッケージされてます。
暖かい目ならぬ、暖かい耳で聞いていただければ幸いです。
こちらもよろしくお願いします。

では。会場で。
[PR]
by lite04 | 2007-02-19 00:14 | takeda


ブログトップ