J
ドラム、ベース、ギター2本の4人からなるインスト・ポストロックバンド。国内、国外を問わずその活動の幅を広げ続けている。

OFFICIAL SITE Musicmall DATA Musicmall DATA takediary(武田 信幸)
LITE井澤日記(井澤 惇)
RELEASE INFORMATION walk along-Infinite mix-

LITE

¥1,300(TAX IN)
TOWER-1003
2005.7.6発売

この作品を購入する
レコ発@東京が迫ってきました。
どうも、ご無沙汰です。井澤です。

今ツアー中でART-SCHOOLとOGRE YOU ASSHOLEのスプリットツアーにお邪魔させてもらったり、名古屋行ったり、北陸行ったりしてきました。どこの地方も優しい方達でいっぱいでした。「また来て下さい。」という言葉は僕達がまたツアーに行っていいんだなって気持ちにさせてくれます。そう言ってくれた人達本当に有難う。また行きます。

11月2日代官山UNITのレコ発が迫ってきましたね。
この日を特別な日にしたいって気持ちから無料配布の音源をみんなにプレゼントします。前も言ったけど。
もう一つこのライブを特別なものにしようと色々ゲストミュージシャンの参加を考えておりますよ。
音楽的に僕らの音楽にゲストが入るというのは新たな挑戦だとも思ってます。来てくれる人達はそういうところも楽しんで帰っていただければ何よりです。

んで発表になりました。
明けて二日後、11月4日に武蔵大学(JR池袋駅から10分、西武池袋線江古田駅下車、徒歩8分)と言う小さな大学の学園祭、大講堂ステージでライブをします。

この大学は他の学園祭と違ってちょっと異様なのです。フジロックフェティバルのフィールドオブヘブンの会場デザインをしているデザイナーさん達が武蔵大学の会場全体をフェスティバル会場に仕立て上げてるの。だから、出るバンドもROVOやBORDOMES、赤犬、スペシャルアザースなど、今やフジロック常連さんたちが登竜門としてる大学だったりするんです。

因みに僕の母校となる大学です。今年の4月に卒業して4年間通っていた大学なんです。音楽の幅はこの大学に入ったお陰で広がったといっても過言ではありません。
そんな母校の大講堂に出るってのは僕にとってとても特別なんです。いつか武蔵大学の学園祭に出たいって気持ちでバンドをやっていたってのは大げさだけど、そんな気持ちもありました。

本当に今回誘ってくれた学園祭担当者有難う。(因みに後輩に出させろ!って言ったわけではありません。誘ってくれたの。)今回も凄いね、犬式や、DACHANBOやSUIKAって。またもやフジ常連さん達なのね。

小さな大学だけど、色んな意味で面白い事やってるなーって思う大学だから。是非時間空いてる人は遊びに来て下さい。フジロックを知ってる人も知らない人も楽しめる学園祭だと思ってたりするので。因みに、「大海原」と言うサークルでもしかしたらチョコバナナを僕は売っているでしょう。来てくれた人には何かしらのサービスをつけます。無条件で2本とか、トッピングをめちゃくちゃつけたりとか。

と、まぁほぼ自分の日記からのコピーペーストなんですが。笑 これからも色んな地方に僕らの音楽を届けるようにしてゆきたいと思います。宜しくっす。

井澤
[PR]
by lite04 | 2007-10-30 12:14 | jun
<< 11/2 ”A Tiny Tw... 金沢にて >>


ブログトップ