J
ドラム、ベース、ギター2本の4人からなるインスト・ポストロックバンド。国内、国外を問わずその活動の幅を広げ続けている。

OFFICIAL SITE Musicmall DATA Musicmall DATA takediary(武田 信幸)
LITE井澤日記(井澤 惇)
RELEASE INFORMATION walk along-Infinite mix-

LITE

¥1,300(TAX IN)
TOWER-1003
2005.7.6発売

この作品を購入する
11/3 アベンジャーレコ発@下北沢ERA
鮨詰め。

この日のERAはこの単語で決まりである。
当日券も完売のsold out。
一時間前からの開場でなんとか納まった様子。

そして、the north endのハイヴォルテージなライブの後、ステージに上がってみる。
やはり鮨詰め。
案の定、身動き一つ出来ていないお客さん達。
身動きがとれずドリンクすら買えない人もいたのでは。

で、そんな中、LITE。
ほぼ一ヶ月ぶりのライブ。
コウゾーが攻めていた。
多少荒さが目立ったが、全体的にアグレッシブになっていたと思う。

そして、アベンジャー。
ERAのお客さん達を鮨詰めにしてしまう、罪深き男たちの記念すべき舞台。
フロアからは見れないと判断し、舞台袖へ。
曲中、ハセ君の長髪がほどけてもの凄いことになってたり、タロウ君がフレーズを忘れたりという、多少かどうかは判断しかねるアクシデントに見舞われながらも、いいライブだった。
そして俺は舞台袖から鮨詰め状態のお客さんと対比して見るアベンジャーに、若干の羨望感を感じつつ、ボンヤリと彼らが既に次の星にいることを実感させられたのである。
「ロックの宇宙船」だけに。

音楽に限らず、エンターテイメントの類で人を集めるっているのは凄いことだと思う。
それも、sold outという最高の形でレコ発を迎えた彼ら。
いちバンドマンとして言わせてもらうと、モノ凄いことですヨ、これは。
それだけ人を惹きつけてやまない罪深きバンド、アベンジャーに乾杯。完敗。

で、乾杯。
その打ち上げにて、何故か指名制のテキーラショット大会が始まる。(俺もジョンも指名される。某SデザインのTさんは7杯連続で飲まされてました。)
次の日、名古屋で学祭の出演があるため、朝7時半に都内を出なければならず、早めに退散したLITE一向でありました。

アベンジャー、呼んでくれてありがとう。そしてCD発売オメデトウ。ツアーがんばってねー。


で、日記は11/4へと続く。予定。
[PR]
by lite04 | 2006-11-03 01:27 | takeda
<< 11/4 @名古屋市立大学文化祭 明日はライブです。 >>


ブログトップ